共布(共生地)ベルトのバックル製造 伊東金属

くるみバックル 製品案内>共布ベルトのバックル

Astorバックル、ステッチバックル双方とも、共布ベルト用の加工が可能ですが、 ステッチバックルの場合、共布ベルト用にはいくつかの制約があります。

接着剤を使うため、共布が薄すぎる場合、表面に染み出ることがあります。
また、中の芯金や接着剤が透けて見えてしまう場合も出てきます。
回避方法として弊社では様々な工夫を試みていますが、共布によっては全く製品にならないケースも出てきます。
生産の可否はサンプル作成時に弊社からご案内させていただきます。
薄すぎる場合、共布の裏に不織布などを貼り合わせて回避できることがあります。
ただし弊社は共布と不織布の接着はアパレル各社様より経験も少なく、
多くのお客様には貼り合わせた共布を持ち込んでいただいております。
また、不織布を貼ることにより共布に厚みも出て、
写真右側のような共布が薄いことによる段差(内側)も解消されます。

共布バックル1 共布バックル2